2013年04月08日

2013 桜花賞の競馬結果速報

まいど〜手(チョキ)
2013年4月7日に開催された桜花賞の結果速報いくで〜

着順馬番馬名人気オッズ
1着7アユサン7番18.0
2着14レッドオーヴァル2番4.5
3着9プリンセスジャック14番87.4
4着13クロフネサプライズ1番2.8
5着6ローブティサージュ8番20.8

1番人気のクロフネサプライズは馬券に絡むことができず・・・。
クッ。武豊ファンの俺にとって久しぶりに1番人気に支持されて複勝圏内はもろたとか勝手な妄想をしとったんやけど、こんな結果になるなんてなってこったパンチ

メディアでは武豊兄弟の対決に目が向けられとったけど終わってみれば、デムーロ兄弟のワンツーフィニッシュ。2組の兄弟ジョッキーがレースに出るのも珍しいことや

まぁあれやな。ぶっちゃけ武幸四郎騎手の騎乗のメイショウマンボにはあまり期待してなかったわ。G1レースの経験浅いし、最近のレース結果はあまりピリっとしとらんかったからな〜。ん〜。実績面も買われての人気やろうけど、4番人気っちゅうのはどうやろか?やっぱあれかメディアで武兄弟対決みたいな煽りがあったかろやろか?

アユサンが勝ったことよりも俺がビックリしとるんは14番人気のプリンセスジャック!お前やふらふら

オレが思うにプリンセスジャックを押さえてた人はあれやろ?
牝馬限定戦は福永祐一騎手こうとかなあかんみたいな感じやろ?
まぁそれだけやないやろうけど・・・・。
今回この馬を馬券に入れてた人の馬券センスはハンパない・・グッド(上向き矢印)

いや今年のクラッシックは混戦やし、そこまで驚くような結果でもないかもしらんと勝手に納得しとくわ! とにかく俺の勝負馬券は当たらんかった!ムムム〜〜〜ン↓↓。

アユサァァァァァァァァン

アユサン

ネット競馬桜花賞のレース結果

道中は中団の馬群の中を追走していたC.デムーロ騎手騎乗の7番人気アユサン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)が、4コーナーを回って直線は馬場の真ん中に持ち出されて追い出しを開始すると、坂下残り200mで逃げ込みを図る1番人気クロフネサプライズ(牝3、栗東・田所秀孝厩舎)を捕らえて単独先頭へ。

残り100mを迎え、後方から大外一気の末脚で追い込んできた、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気レッドオーヴァル(牝3、栗東・安田隆行厩舎)と、ゴール前は「デムーロ兄弟」での激しい叩き合いとなり、最後は弟・クリスチャンが騎乗するアユサンが、外から追いすがった兄・ミルコのレッドオーヴァルにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒0(良)。

勝ち馬のアユサンと2着馬のレッドオーヴァルはどっちもディープインパクト産駒や。桜花賞の舞台にはやはりディープインパクト産駒。。。血統中心で予想しとった人にはある意味簡単なレースやったっちゅうことか。

アユサンの鞍上のクリスチャン・デムーロ騎手は若干20歳の若武者や。
オレが20歳の頃とか何してたやろ・・・・wwたぶん遊び倒してたわww

クリスチャンディオールやないで、クリスチャン・デムーロやでwww ・・・。今後もデムーロ兄弟から目を離すなパンチ(無理やり〆る)

posted by ハル at 19:03| Comment(0) | 競馬予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

2013 産経大阪杯の競馬結果速報

まいど〜手(チョキ)
2013年3月31日に開催された産経大阪杯の結果速報いくで〜

オルフェの単勝オッズは1.2倍!?

着順馬番馬名人気オッズ
1着5オルフェーヴル1番1.2
2着3ショウナンマイティ2番9.6
3着7エイシンフラッシュ5番12.6
4着6トウカイパラダイス6番71.4
5着4ダークシャドウ3番10.2

産経大坂杯の払い戻し

オルフェーヴルつええええええ
ってか配当がつかなすぎで笑えない。。。
堅い決着になるやろうとは思うてたけど、まさかこんなに堅くなるとは思わんかったわふらふら

ジェンティルドンナのライバル、ヴィルシーナに期待しとったんやけどな。
あかんかったか。牡馬の1戦級とのレースは産経大阪杯が初めてやったしな。
牡馬混合戦で勝つのはきびしいか?

牝馬限定戦でも2着が続いとったヴィルシーナ。
勝ち負けは厳しいと思うてた。しかし2着、3着はあると予想しらけどアカンかったわ。けど牝馬同士なら力は上位なのは間違いない。次走に期待やパンチ

オルフェーヴルゥゥゥゥゥ

オルフェーヴル

スポーツ報知オルフェーヴルのレース結果

一枚上の強さを見せつけた。中団でしっかりと折り合いをつけたオルフェーヴルに、池添がゴーサインを出したのは3コーナー手前。大外から徐々に位置取りを押し上げ、直線入り口では先団へ取りついた。右ステッキで“ギア”を上げ、さらに手綱を動かして加速。

躍動感に満ちあふれたフォームで内のエイシンフラッシュをねじ伏せると、外からのショウナンマイティの追撃も寄せ付けない。1週早い桜に彩られた仁川に大きな拍手が鳴り響く中、復活のゴール板を楽々と駆け抜けた。

期待に応えて、池添は「よかった。ホッとした〜」と叫ぶように声を出し、満面の笑みで検量室へ引き揚げてきた。痛恨の不利を受け鼻差2着に泣いたジャパンC以来、約4か月ぶりの実戦。パドックでイライラし た面を感じると、返し馬でいつもより速めのキャンターを行った。

「あれで、うまくハミが抜けて、落ち着いてくれました」。
相棒を知り尽くしているからこその行動で本来の姿を取り戻した。

競馬ファンがオルフェーヴルに思うてることはスゴイ強い馬やけど、スゴイ不安定な馬。今までのイメージはコレや。しか〜〜し。大阪杯のレース内容は今までのオルフェーヴルとは思えんような優等生っぷりやったな。精神的にも成長しとるっちゅうわけやなグッド(上向き矢印)

危なげなく安定したレース内容
オルフェーヴルらしくないと言えばらしくない。
ハラハラがない分は俺としてはちょっと嬉しいような寂しいような・・・。いや、コレはエエことと受け止めてええやろ。

去年の阪神大賞典の逸走の時とはまったく違う。あっから歯車が狂って天皇賞・春で惨敗とかやったからな〜。今年は違うでパンチ

オルフェーヴルの次走は天皇賞・春or宝塚記念が有力みたいや。
ジャンティルドンナ、オルフェーヴル、ゴールドシップ一番強い馬は果たしてどいつや・・・・。怪物君から今後目が離せんな!

posted by ハル at 15:14| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。